--当社の”こだわり”のポイント--
高梨建設株式会社
HOME  施工状況  家と健康の関係って 施工事例集   オール電化って?  

家づくりに役立つ情報サイト
私たちはいくらの家が買えるの??など掲載中!
         

    当社の家づくりのポイントは!
●資産価値が長続きし、住み心地が良い家づくりを目指します!
食事の後も家族団欒出来るリビングキッチンのご提案!
●吹き抜けのあるリビングで、1階・2階のつながりを感じる間取り
●家中が暖かく・夏場は涼しい住まいづくり
●カビ・ダニが生えづらい住まいづくり(屋根裏・床下も快適なので家も健康!)
●職人さんたちの言葉使いを丁寧に、他人の家で仕事をしている気持ちを忘れずに
これからの家づくりについて!当社の考え方

当社:お客様との打合せ室状況
●1階事務室状況 ●打合せ室内用(玄関部にて)
●1階打合せ室(北側) ●1階打合せ室(南側)約16帖
●2階茶室コーナーへの通路 ●2階茶室コーナー状況
●2階自由土間状況(茶室前) ●2階自由土間状況(茶室前)
●2階水屋コーナー状況 ●2階自由土間状況(茶室前)
●2階設計室状況 ●2階打合せコーナー
プレカット工場 加工場工場
プレカット機械 超仕上げ機械
ホゾ穴機械

      
■当社の家つくりは骨組みに太い木材をふんだんに活用します。(耐震性)
基礎と土台の間にエアライトを吹付ける事での地震に対する吸震性の効果があります。
  WinWooD工法及び自社プレカット工法
 ●弊社のWINWOOD工法は2階部の梁が通常の場合、1.82m毎に梁を入れるのですが、その半分の0.9m毎に梁を入れます。
 ●その事によって、床の剛性及び床鳴り等の問題も軽減致します。
又、専用の金物も錆びづらい加工もしていますので、建築中の雨降り・夏場の湿度の際・冬の降雪にも効果を発揮いたします。

地震対策は耐震構造+吸震構造を考えております。
エアライト吹付け前状況(基礎面)  エアライト吹付け後状況です。

■床下部には墨を塗布し、耐火性・シロアリ対策・空気清浄機能・北側吸気ファンによるエコ冷房

■熱効率を良くする間取り・吹抜け部及び天井部には吸音版による室内反響の低減

  専用炭による空気清浄効果及び火災・白蟻対策

●床下部には、特殊な墨を塗布する事で万が一木材の内部に潜んでいるシロアリ対策又、サイクルファンによる床下循環機能を活用し、墨部に空気中の汚れ・有害ガス等を付着させます。

ファース工法
●夏などの冷房には、北側から涼しい空気(朝のきれいな空気)を取り入れる「北側吸気ファン」を装備しています。
●朝の涼しい空気を取り入れ、自然の木陰のような住みやすい環境をご提供します。
●夏の夜の寝苦しさ(蒸し暑さ)に対しても、屋根裏のムシムシの空気を外に排出し、快適な夜をご提供します。
●熱効率を良くする為、吹抜け部に人が集まる間取りにし、屋根裏エアコン等の吹出し口を設ける事で、体感温度を下げます。
●高気密高断熱工法の最大の問題である内部の反響音を低減させる為、一番響きやすい吹抜け部を活用し、壁面上部に吸音版・天井面にも吸音版を張ります。
●2階床部には吸音ボードも敷いております。

空気を循環させる為の穴があいてます。 黒い部分が墨塗布後状況です。
2階部床下地に吸音ボート状況です。 サイクルファン状況です。

*サイクルファンは 屋根裏に溜まった熱を床下に送り込こむことで、床下を暖めます。
(床暖房効果)
*又夏場は逆に屋根裏のエアコンの冷気を床下に送ることで、冷気を輻射的に家全体を冷やします。


その為、家全体がオール電化専用仕様の高気密高断熱の住宅でないと、効果及び省エネ住宅にはなりません。
家全体を一定温度(床下・屋根裏部)することで、高気密高断熱住宅の欠点である内部結露の低減を行う事で、高耐久な住宅として国の認可も取っております。 
   

 ■若い世代の方にも”これからの家つくり”を知ってもらえれば!
  ・なぜ安く提供できるの?(光庭のある家)
 ●1階と2階の平面図を見ると分かる通り、ほとんど壁の位置が同一面になります。剛性も強くなり又、窓の位置もほぼ同じ位置になる事での無駄になる材料の軽減・廊下が少ない事による大工工事の余分な手間が省けます。
 ●壁面を出来るだけ少なくする事で、開放的な部屋にすることでの開口部ドア・照明器具・スイッチ等を少なく出来ます。
(同じ大きさでも、6畳間が10つの家と12畳間が5つの家では価格が違うのは分かりますよね。)
 ●家族が集まる部屋を建物の中心に置くことでの、暖冷房設備の効率UP。
 ●家族が集まるスペースが分かりやすく、又お父さん用及び来客用の和室・お母さん用の広々としたDK・子供達が元気に遊べる吹き抜けのあるリビング又は2階へ繋がる開放的な階段です。
 ●若い世代の方にも”良いの家”!?を知ってもらえればと考えております。
 ●家の寿命が”空気循環”させる事で従来よりも飛躍的に伸びました。これからは家も資産価値として認知されるのでは!?
 ●従来の家づくりでは寒かった間取りもこの工法のおかげで、暖冷房費もお安く又、省エネなので家庭へのご負担も軽減できます。

 1階平面図 2階平面図

■1人暮らしの方にも住みやすく・安心できる家つくり
 ●1人暮らしの方にも住みやすいように、玄関ドア・勝手口には防犯性の高いディンプルキー又、玄関ドアに関してはリモコンによる開閉もできます。
 ●将来においては、携帯電話による外出しても家の中の様子が見える設備、又家に帰宅する前に携帯電話による照明器具の点灯を考えております。
 ●家の中全体が暖かい(冬場)ので、脳卒中などの予防対策を考えております。

●冬場、脱衣室が寒くてヒヤッとしませんか?
家全体が暖かいので、血圧も安定するので”健康の予防”にも効果バッグンです。
詳しい内容は下記をクリックして下さい。
【家からの健康の予防へ】


■他の高気密高断熱住宅との違いって?
(夏場の違いが分かります。)
調湿機能によりより良い快適環境に近づけます!
 ●他のオール電化住宅との大きな違いは、空気清浄機能と除湿機能が家全体で行う事です。
 ●間取りも今までの家とは違い大きな開放感を持つ吹き抜けリビング・将来の次世代の省エネ住宅にも対応する高性能を何十年も保つ仕様です。
 ●現場発泡の断熱材(エアライト)なので、どんな形状の建物でも性能を保証できます。(断熱工事は専門の断熱工事店が責任を持って施工いたします。)
 ●通常オール電化住宅の場合、
室内が乾燥気味になります。それを床下のスカットールにより、湿度を貯める事で軽減いたします。

スカットール状況(床下)
家全体の湿度を約40〜60%(20℃の場合)
に調湿致します。
除湿機設置(2台:床下部)
2年前にエアライトを施行した状況です。2年過ぎても、剥離隙間及び亀裂が見えませんでした。
この性能が何十年後でも変わらない性能をご提供できます。
   
■施主の声(ファースの家に住んでいる方):当社における施主・見学者
 ・最初はホントかどうか疑っていましたが、ファースの家にお邪魔して家もホント進歩したんだなと思いました。(冬場に見学者)
 ・今年の暑い夏も快適に過ごす事ができました。又当然冬も暖かいです。家の中のどこも暑くなく寒くもないことって、子供にとっても良い事だと思います。又、エアコン等の不快な風もなく涼しいのには感激しています。(当社:施主)
 ・後、特に感動したのは2年間家を留守にしても、家が全然サビ臭くなく又、何事もなかった事にはビックリしました。親から窓の開け閉めをしないと家が駄目になると言われて心配しましたが、大丈夫でした。
又、電気料金もそんなにかからないので良かった!電気料金が来るまではホント不安でした!
 ・家の中を広々と使用できるのがうれしいです。子供も家の中を元気に走り回れるし
又、他の人からも暖かい家だねとか、こんなリビングが広くてうらやましいって言われて、主人・子供とも喜んでおります。


見学者の声(光庭のある家)
【良い点】
 
●家が広々としているのには驚きました。又、室温が29℃なのに涼しく感じられました。
 ●小屋裏が涼しいのにはビックリ!しかも真夏に小屋裏に10分以上居ても汗をかかないなんて!
 ●キッチンが広々として良かった!
 ●トイレが広い!外のウッドデッキは良い!
 ●玄関の子供用自転車置き場は便利がよい!
 ●吹き抜け部が明るい!広い!自然の感じがよい!
 ●涼しいのには感激です。(展示会をして初めて、2日間も着てくれました。)

【欠点】
 ●和室が少ないかも?!トイレが広すぎる・・開放しすぎて住みづらいのでは・・など
今後の参考にさせて頂きます。来場者の方々ホントありがとうございます。


7
■苦労話これからの家つくり
 ●ファースの家を説明しても信じてもらえないの残念です。年配の方からには高気密は体に良くない!と言われた事があります。
 ●やはり、今まで見た事がない家を説明するのはホント大変だなと考えております。

でも、弊社の家つくりを宣伝してくれたり(ファースの家で建築してくれた方)ホント感謝しています。
ただ、今までの家が悪いとは思っておりません。
間取りなどによっては今までの家の方がコストもかからず良い場合もあるのではとも考えております。

時代は段々新しい時代(家つくり)にむかってはいるみたいですね。
今後もお気軽展示場もありますので、ちょっと見てみたい方はどうぞご自由にご覧下さい。
(展示場なのに、豪華設備もないので、実際に建てる事ができる家です。)

・・これからの家つくり・・

これからも、どんどん『新たな価値感』をつくり将来、家を高く売る事ができる、資産価値のある家をつくり続けて行きたいです。
家を買ったら、明日からタダ同然?!ってならないような魅力ある家つくりがこれから必要なのではと考えております。
アメリカやヨーロッパのように中古になってもしっかりした家又資産価値のある家にこだわりたいです。